笑い話

2018年06月05日

江戸の小話


=江戸の小咄=


「この絵はふーん。雪の日に何してんだろな?」

「雪の日にタケノコを掘っている絵だがな。」

「雪の日にタケノコか?さぞ高価だろな。」

「おめぇ、孟宗の親孝行を知らんのか?」

「あれ、どんな話だったっけ?」

「冬、母親の大好物のな、タケノコを探した。」

「冬?バ、バカだねぇ。骨折りぞーん。」

「ところがな、お祈りをするとな、タケノコがな生えてきた。」

「へぇ、もうそうんな話があったのか?」

「それをな、今では孟宗竹という。」

「へぇ、そんなすごい絵か?ペラペラだけどな。」

「今どきな、三つの子でも知ってるぞ!」

「馬鹿にすんな!俺もな、三つの時は憶えていた。」

「本当か?」

「でもな、四つの時に忘れた。」

「・・・?」

ニャン太




小咄15

  • mixiチェック
jizousan at 16:15|PermalinkComments(2)

2018年02月15日

江戸の小話


=江戸の小咄=

晩秋、柿と栗の話。

「クリちゃんは、いいよな。幾重にも衣着てて。」

「なに、言ってんの。柿さんも綺麗なおべべ着てるじゃない。」

「わしのは単衣で寒い、寒い。」

「着てるだけでも、いいよ。ほら、下をご覧な。」

「なになに。あっ、まったけ君。」

「かわいそうに、ふんどしも締められない。」

「は、ハクショイ!クリちゃんと仲良くしたい。」

「エエッ?エッ・・・チ。」


gooブログの方は置き手紙が不具合になるようですが、
置き手紙、その他でご訪問が確認できれば、ブログ村、
ブログランキング等のロゴを必ずクリックしますので
宜しくお願いします。それと相互リンクをお願いします。


松茸

小咄11

  • mixiチェック
jizousan at 17:21|PermalinkComments(6)

2018年01月30日

江戸の小話


=江戸の小咄=

長屋で、親父のわめき声がする。

「おい、起きろ!全く何時だと思ってやがる!」

「・・・シーン」

「おい、かかあ、布団をはいで放り出せ!」

「・・・シーン」

「おめぇのようにな、朝寝ばかりしてやがるとな・・・」

「・・・シーン」

「ホントに、ろくな大人にならないぞ、このガキ!」

シーン、シーン。シーン。

「いつでも、この俺と一緒に起きやがって!放り出せ!

どた、ばたん!と大きな音。

見ると、親父が泣いていた。


v128


小咄10


  • mixiチェック
jizousan at 11:15|PermalinkComments(6)

2018年01月15日

江戸の小話


=江戸の小咄=

「はーッ。酒が飲みてぇな、はーッ。」

「雨続きで、商売あがったりだね。」

「うーん、がまんだ、がまんだ。はーッ。」

「あんた、ちょっと待っておいで。」

しばらくして、女房が酒を二合買ってきた。

「おめぇ、いったいどうしたんでぇ?」

「あまりに、あんたがため息をつくので、ほれ・・・」

と女房は中ぞりを見せた。

「えっ!かもじを売ったのか?」

「あんたがね。あまりにも気の毒でね。」

「すまね、すまね、本当にすまね!グス、グスン。」

と涙を流しながら、女房の手を握る。

「なんだね、あんた・・・私まで・・・」

「すまね、すまねぇ、グスン。残りは、三十文程か・・」

「・・・



v127


小咄9


  • mixiチェック
jizousan at 14:43|PermalinkComments(6)

2017年11月27日

江戸の小咄


=江戸の小咄=

盗人を捕らえ、死刑を執行しようとした。

「ま、ま、待ってくせぇ。」

「全く、何が、くさいと言うのだ!」

「お御足が・・違うつうの!」」

「一体、何が言いたいのだ。」

「えんまに会う前に、じ、辞世の歌をよみてぇんでさ。」

「お前などが、歌など詠めるのか?まあ良い、やれ!」

「へぇ、あんがと。どぶ川や〜」」

「何ッ、どぶ川?それが匂うのか!くさ〜ッ!」。

「き、岸の小石は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまあじ!」

「はてな、どこかで聞いた歌だな?」

「無い頭を絞り、作りやした。」

「あーっ!五右衛門ではないか!ウソつきめ、死刑だ!」

「いて!これが、この。ぬ、盗み納めで、地獄行き。」

「う、巧い!死ぬ前に座布団やれ!」

v126


江戸小咄5


  • mixiチェック
jizousan at 15:36|PermalinkComments(3)
livedoor プロフィール

jizosmile

散歩・旅行・温泉大好き。
音楽はバロック、コーヒーはブラック、笑い。

QRコード
QRコード