江戸の笑話

2013年04月30日

笑い話



筑波山の大天狗が、はるばるお江戸見物。

浅草寺から、吉原へ高下駄をならし歩いて行く。

江戸町一丁目、二丁目、角町、揚屋町。

京町一丁目と方々の店をのぞき見ては、にたっ、にたっ。

そのうち、丁字屋の格子ををのぞき込むと、

遊女たちはビックリ。

「わぁ、何!この赤くて大きいの!」

ある遊女、すくっと立ち上がり天狗の方へ向かってくる。

「な、何するんでありんす?ここは、はばかりでは無いザンス!」

天狗、鼻を真っ赤にし、慌てて、風に乗っては落っこち。

風に乗っては落っこち、又風に乗る。

「もうすぐ、筑波山につくば!」

なんと慌てたあげく、白山に着いてしまった。

「俺は天狗あらため、白山大魔王だ、は、ハクション。」

「シェーッ!」






笑い話・小話・小咄・江戸の笑い・214

jizousan at 12:00|PermalinkComments(19)TrackBack(0)

2013年04月17日

笑い話



或る男、ばくちに負け、丸裸になって帰る。

女房は着ていた袷をほどき、裏地を夫に渡す。

「もうばくちは、やめてんか!」

「うるせぇッ!俺の金だ!」

「この寒いのに、単衣物一つで、どうして暮らせるんや。」

「うるせぇッ!俺の勝手だ!」

「あんた、うちが死んだら、化けて出るで〜。」

「着る物も無くて、裸で出れるか?馬鹿だな、おめぇは。」

「ほどいたこの単衣で、出たるわ。」

「そんな貧乏な、おかしな幽霊があるもんけ。」

「出たるわ。サイは裏目し、裏(裏地)欲し〜ぃ・・・」

「ぶるぶる、おー寒くなって来やがった。」

「そんなにサイが好きならば、賽の河原へ、いっそ行け〜」

「うへ、寒い、寒い!やめろ、やめてくれ!」

「お前のサイはいつも裏目し、裏ほしい、ついでに恨めしぃ〜」

「うわー、おめぇ、コワ−!」





笑い話・小話・小咄・江戸の笑い・209

jizousan at 21:27|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2013年04月15日

笑い話



両国の橋番、お上から呼びつけられ、こっぴどく叱られた。

「お前は、橋番で毎晩、居眠りしているのか。」

「いえ、滅相もありやせん。」

「毎晩、橋から身を投げる者が有ると聞く。」

「へぇ、気をつけているんですが、夜はその・・・。」

「今夜から、死ぬ気でやれ!解ったか?」

「へぇ、命に代えまして努めやす。」

橋番、もうノミ取りまなこで、にらんでいる。

そこへ、くせ者が走って、橋の欄干を越えようとする。

あわやと言う時に、橋番、後ろから羽交い締めにつかまえた。

「毎晩の身投げはおのれであろう?お上に申し開きせよ!」

「えっ、毎晩?」

「十回くらい、火あぶりじゃ!」

「旦那、助けてくださいよ!」

「なんか、おかしい・・・」






笑い話・小話・小咄・江戸の笑い・208

jizousan at 22:01|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2013年04月12日

笑い話



吉原は盆灯籠祭り、角町角屋の店先で、若い衆が酒を飲む。

そこへ、溝から大きなカニが、ハサミを上げ出て来た。

「ハサミ上げて、挨拶かい?ハイ、今晩は。」

大カニ、物欲しそうに、様子を見ている。

「なんだ、お前も酒がほしいかに?さあ飲めかに。」

酒杯を、ハサミで持ち、美味そうにお代わりをする。

「なんだ、なんだやるじゃないかに?」

大カニは、どんどん真っ赤になり、泡をふき、仰向けに倒れた。

「そんなとこで、寝てると、茹でて、食っちゃうかに!」

驚いたカニは立ち上がり、溝へ帰ろうとするが、帰れない。

「おいおい、なんでカニ歩き出来ないかに?」

「おうおう、足がもつれた。そっちはてめぇの家じゃねぇぞ!」

「あーあっ、真っ直ぐに、大門を出て行きやがったかに。」

溝から、出て来た蟹の親子がハサミを振っている。

「あんたーっ、カニコロにならないでーッ!」






笑い話・小話・小咄・江戸の笑い・207

jizousan at 10:24|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2013年02月04日

江戸の節分会



お江戸は新井薬師にて、2月3日節分会が行われました。
今年は人が多く、満足な写真を撮れず、以前のを交えています。

632a

女優陣は松原智恵子さん、吉沢京子さん、嶋かおりさん。

スポーツ界は琴欧洲関、内山世界チャンピオン。
DSC04093a

昔のアイドル、嶋かおりさん、吉沢京子さん。

634a

昔は吉永さゆりさんと双璧でした。松原智恵子さん。

636a

かっこいい、内山チャンピオン、日本歴代の世界チャンピオンの中でも、最も強いのではないかと思われる。

今年も皆様の活躍をお祈りしています。
そして、このブログを支えてくれる読者、お友達の健康、幸運をお祈りします。



笑い話・小話・江戸の笑い・江戸の小咄


jizousan at 14:39|PermalinkComments(16)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード