江戸のお笑い

2018年01月30日

江戸の小話


=江戸の小咄=

長屋で、親父のわめき声がする。

「おい、起きろ!全く何時だと思ってやがる!」

「・・・シーン」

「おい、かかあ、布団をはいで放り出せ!」

「・・・シーン」

「おめぇのようにな、朝寝ばかりしてやがるとな・・・」

「・・・シーン」

「ホントに、ろくな大人にならないぞ、このガキ!」

シーン、シーン。シーン。

「いつでも、この俺と一緒に起きやがって!放り出せ!

どた、ばたん!と大きな音。

見ると、親父が泣いていた。


v128


小咄10


  • mixiチェック
jizousan at 11:15|PermalinkComments(5)

2018年01月15日

江戸の小話


=江戸の小咄=

「はーッ。酒が飲みてぇな、はーッ。」

「雨続きで、商売あがったりだね。」

「うーん、がまんだ、がまんだ。はーッ。」

「あんた、ちょっと待っておいで。」

しばらくして、女房が酒を二合買ってきた。

「おめぇ、いったいどうしたんでぇ?」

「あまりに、あんたがため息をつくので、ほれ・・・」

と女房は中ぞりを見せた。

「えっ!かもじを売ったのか?」

「あんたがね。あまりにも気の毒でね。」

「すまね、すまね、本当にすまね!グス、グスン。」

と涙を流しながら、女房の手を握る。

「なんだね、あんた・・・私まで・・・」

「すまね、すまねぇ、グスン。残りは、三十文程か・・」

「・・・



v127


小咄9


  • mixiチェック
jizousan at 14:43|PermalinkComments(5)

2018年01月01日

江戸の小話


=江戸の小咄=

見るからにしわい隠居、吉方初詣に行く。

「これ、三吉、よそ見するな、速く歩け!」

などと怒鳴りながら、歩いて行く。非常にうるさい。

富岡の八幡様へ着くと、一つ大きな深呼吸。

そして賽銭を取り出そうとすると、あいにく4文銭ばかり。

「あーあ、一文銭がない、ない。」

「・・・、・・・?。」

「おい三吉、一文落ちてないか?その辺りを探せ!」

「・・・、・・・??。」

「全く仕方が無い、三吉、こちらへ来い。」

「もういいので、ご隠居。」

「もう清水の舞台から飛び降るぞ、本当に・・・」

「えっ、ご隠居、気をしっかり?」

「4文銭を投げるからな、お前も一生懸命おがめ!」

「隠居だけに、さすがシワしわい。ブツブツ・・・」


新年おめでとう御座います。
本年も宜しくお願いします。

171&151


小咄8

  • mixiチェック
jizousan at 18:29|PermalinkComments(7)

2017年12月11日

江戸の小話


=江戸の小咄=

座頭同士が往来でぶつかった。

「この、大馬鹿者!てめえ、めくらか!」

「そ、その声は葛飾の寅市か!」

「いかにも。そのとらさんだが、おいちゃんは?」

「座頭七じゃ。」

「え、あの有名な座頭市、へぇ、命ばかりは・・・」

「しちじゃ、ななじゃ!」

「なんだ、はな垂れ七か?懐かしいな。」

「近頃はな、前を見ずに歩いてくる馬鹿が

非常に多いのでなあ!」。

「この杖を食らわしてやりたいぞ!」

「俺たちにとってはな・・」

「ぶつかんないとわかんねぇとわな、ワナワナ・・ 」

「まったくこの世は真っ暗だ!」



大虎


小咄6

  • mixiチェック
jizousan at 17:24|PermalinkComments(5)

2017年11月27日

江戸の小咄


=江戸の小咄=

盗人を捕らえ、死刑を執行しようとした。

「ま、ま、待ってくせぇ。」

「全く、何が、くさいと言うのだ!」

「お御足が・・違うつうの!」」

「一体、何が言いたいのだ。」

「えんまに会う前に、じ、辞世の歌をよみてぇんでさ。」

「お前などが、歌など詠めるのか?まあ良い、やれ!」

「へぇ、あんがと。どぶ川や〜」」

「何ッ、どぶ川?それが匂うのか!くさ〜ッ!」。

「き、岸の小石は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまあじ!」

「はてな、どこかで聞いた歌だな?」

「無い頭を絞り、作りやした。」

「あーっ!五右衛門ではないか!ウソつきめ、死刑だ!」

「いて!これが、この。ぬ、盗み納めで、地獄行き。」

「う、巧い!死ぬ前に座布団やれ!」

v126


江戸小咄5


  • mixiチェック
jizousan at 15:36|PermalinkComments(3)
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード