2018年08月

2018年08月19日

江戸の小咄


=江戸の笑い=

「お客さん、風呂が空いたよ。入りなさらんか?」

「おお、いただこう。」

「おらかいの?」

「いや、湯。」

「いやだー、お客さん、紛らわしいな。こっち、こっち。」

「ねえさん、風呂の後で、冷やで一杯もってきてくんな。」

「おらも冷え症だぞ。試してみるか?」

「まあ、熱燗にしてくれ。」

「ほら、ここだ、たこだ。」

「な、なんと、五右衛門風呂じゃねぇか。さぁ、湯加減は?」

「ちょっと、おきゃくさんね、下駄を履いて入んないでよ!」

「えっ、どうして?」

「昔、そういうお客さんがいて、風呂を壊して困っただわ。」

「はい、心付け。」

「その浮板を踏んではいるだわ。」

「そうか、足から。ぎゃー、熱い、熱い、女中さーん!」

「よんだか、おらを、今日はあいてるぞ。」

「いや、ごめん。水を、うめてくれ?」

「さぁ、これでどうだべ!」

「足から、そろりと?うわー、熱い!」

「お客さん、これでどうだっぺ!」

「まだ熱い、もっと。」

「こんなにうめて、後のお客さんが怒るぞ。」

「なんだ、俺の名を知らねぇのかい。」

「土左衛門かいの?」

「今な、江戸のはやりは、団十郎とこの江戸屋猫足。」

「猫足・・・、どこか、かゆいのかの???」


小話・笑話・小咄・17

ええッ?40度?お風呂の温度です。

ウナギイヌ2




  • mixiチェック
livedoor プロフィール

jizosmile

散歩・旅行・温泉大好き。
音楽はバロック、コーヒーはブラック、笑い。

QRコード
QRコード