2013年07月

2013年07月17日

笑い話



盗人、息子を呼んで、

「てめぇも15になれば、働け。今夜、大国屋に押し込むぞ。」

「お前さん、まだ早いよ。」

「うんにゃ、見習いじゃ、一働きさせる!」

と息子を連れて、出た所、すぐに帰る。

「お前さん、こんなに早くなぜ、帰ってきたの?」

「このガキ。庚申の生まれのくせに、全然だめじゃ。」

「どうしたの?」

「大国にへぇって、恐がり、震えてばかりいやがる。」

「どうしたの、本当に。」

「庚申生まれは、大盗賊になると言われているのに・・・」

「お前さん、あたしからよく言って聞かせるから。」

「このガキ、こっちへ来い!」

「お前さん、ひどいことしないでね!」

「この役立たず、出てけ!てめぇなんか、てめぇなんか・・・」

「お前さん、なにいいたいの!」

「てめぇなんか、どうせ畳の上でくたばるわい!」

「だは・・・」







笑い話・小話・小咄・江戸の笑い・238
jizousan at 12:54|PermalinkComments(22)TrackBack(0)江戸のお笑い | 笑い話

2013年07月08日

笑い話



長生きしたがる親爺、観音へ参り、熱心に祈る。

「どうぞ、どうぞ長生きをさせて下され。」

寺の小僧がいたずらに、百という字を書いて脇に置いた。

親爺これを見付け、喜び、踊りながら家へ帰る。

「これ見ろ!百までの寿命を授かった、ありがたや。」

長男それを聞いて、

「それは、そんなに喜ぶことでは、有りませぬ。」

「うーん?それは何故じゃ?」

「百という字を、分解すれば一日と読みます。」

弟が首を振りながら、しゃしゃり出て来て、

「そんな事を言うのは、兄貴だけじゃ。」

「さすが、弟は出来が違うな。ふむふむ。」

「百は駕籠かき語でころりじゃ。今すぐころりかも。」

「親不孝者!出てけっ!」






笑い話・小咄・小話・笑話・235
jizousan at 10:37|PermalinkComments(22)TrackBack(0)江戸のお笑い | 笑い話
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード