2013年09月09日

笑話



師走、世間では餅をつく頃、

ある医者、患者が無く、餅をつくことが出来ない。

「これ、寛三。この家だけ、餅をつかないのは・・・」

「へぇ、外聞が悪いでげす。」

「そうだな、いい智慧が無いかな・・・」

「旦那様、こういうのはどうでげすか?」

「おう、かんさん、いやいかんぞう。何かいい智慧が?」

「わたくしが、尻をまくります。」

「おい、もうそんな気はないぞ!」

「怒りますよ!この尻を叩きなされ、餅つきの音でげす。」

明くる朝から、人のいない時をみはからって、寛三の尻を叩く。

「どん、ピシャ!とん、ピシャ!」

最初は快感を感じていた寛三、お尻がだんだん紫色に腫れて、

「もうし、旦那様。」

「なんじゃ、かんさん、いや寛三。」

「もう、ダメでげす。最後は餅米に交代を・・・」

「悪い。救援は無い!完投じゃ。」

「ひそひそ。わっはっは。なに?これがホントの尻・も・ち。」

「・・・・?」





笑話、小話、小咄、笑い話、江戸の笑い 250


jizousan at 21:57│Comments(16)TrackBack(0)笑い話 | 江戸のお笑い

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by てくっぺ   2013年09月10日 01:10
こんばんはです。^±^ノ

おっと。
もちついて(落ち着いて)話し合おうじゃないか。^±^
2. Posted by 茶々   2013年09月10日 09:49
おはようございます。
だんだん紫色に腫れて…、そりゃモチベーションも低下しようと言うものですね。
3. Posted by 花魁   2013年09月10日 23:00
5
だはは、落語の尻餅ね。
4. Posted by 時乃栞   2013年09月11日 19:55
5 完投って何発だったんだろう^^
哀しくも可笑しい餅尻
5. Posted by にゃあも   2013年09月12日 00:25
5 こんな餅つきがあったなんて、
シリませんでしたにゃあ(^m^;)
6. Posted by wintetsu   2013年09月12日 22:45
5 えっ、朝から晩まで、それは死ぬ程痛い。
7. Posted by ももPAPA   2013年09月13日 21:59
こりゃどえりゃあモチができますね
紫モチ^^
8. Posted by 奄美剣星(狼皮のスイーツマン)   2013年09月16日 16:41
5 痛いオチ
9. Posted by jizou   2013年09月27日 22:41

てくっぺさん

わは、パチパチパチ。
10. Posted by jizou   2013年10月01日 22:07

だは、お餅べーションですか?油断も隙もあったもんじゃない。
11. Posted by jizou   2013年10月01日 22:08

花魁さん

なんだご存じなんですね。
12. Posted by jizou   2013年10月01日 22:11

媛さん

500以上は行っているんでしょうね。いたーっ。
13. Posted by jizou   2013年10月01日 22:13

にゃあもさん

わたひも、尻ませんでひた。
14. Posted by jizou   2013年10月01日 22:14

wintetsuさん

考えるのも嫌なほどでしょうね。
15. Posted by jizou   2013年10月01日 22:17

ももPAPAさん

本当にそうですね。
16. Posted by jizou   2013年10月01日 22:18

スイーツマンさん

痛いオチ、みぞおちなんちゃって。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード