2013年03月10日

小咄



お金を借りに、方々の知り合いに人を使わすが、

うまくいかない。

「もう、まるでだめおにゃ。直談判するにゃ。」

ぶつぶつ言いながら、両国橋を渡っていく。

「ご主人の甚兵衛さん、いらっしゃるかにゃ。」

主人が腕組みして出て来た。

「甚兵衛は、留守です。」

「えっ、どうしたのかにゃ。」

「甚兵衛は、浅草でんな。」

「えっ、あんたは甚兵衛さんだにゃあ。」

「甚兵衛本人が出て来て、留守だと申しあげてま。

 なにか、お・う・た・が・い?」

「だはっ!」






笑い話・小話・小咄・江戸の笑い・193

jizousan at 12:27│Comments(12)TrackBack(0)江戸のお笑い | 笑い話

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 茶々   2013年03月10日 13:11
こんにちは。
これこそ正調「居留守」ですね。
2. Posted by ソンナ   2013年03月10日 17:50
そこまで言ってしまうのですね。
3. Posted by wintetsu   2013年03月11日 22:14
5 どうしても、複雑な笑いになりますね。
4. Posted by 花魁   2013年03月11日 22:21
5
わっはははとは笑えないわね。
5. Posted by にゃあも   2013年03月11日 23:44
5 金の切れ目が、縁の切れ目ニャ〜
6. Posted by 時乃栞   2013年03月12日 00:58
5 言い張る根性が立派!
7. Posted by jizou   2013年03月16日 15:08

茶々さん

これだけ、堂々としてると、何も言えません。
8. Posted by jizou   2013年03月16日 15:09

ソンナさん

ここまで、堂々としてると、逆にすごいと思います。
9. Posted by jizou   2013年03月16日 15:10

wintetsuさん

仕方ないですね。
10. Posted by jizou   2013年03月16日 15:10

花魁さん

少しシニカルになりますね。
11. Posted by jizou   2013年03月16日 15:12

にゃあもさん

私のイメージとしては、後で少し届けたかもと思っています。
12. Posted by jizou   2013年03月16日 15:12

媛さん

本当にそうですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード