2019年03月07日

江戸の小話


=江戸の小咄=


「狼と山犬の見分けがわからねぇ!」

「なんじゃ、お前はアホか?簡単じゃ。」

「えっ、本当か?」

「じゃ、耳の穴かっぽじいて聞け。」

「ちょっと頭に来るが、まぁ、恩にきる、頼む。」

「狼らしい奴が出てきたらな・・・」

「どうする?」

「棒で、思い切り殴れ!」

「それで!」

「山犬ならば、逃げる。狼なら、食らいつく。」

「その後わん!」

「捕まらないように、逃げる!」

「てめぇが逃げて見ろ、このォ!・・・





小話・笑話・小咄・18


  • mixiチェック

2019年02月14日

江戸の小話


=江戸の小咄=


信濃出身の雇い人に、赤い紙を買いにやる。

ところが間違えて黄色い紙を買ってきた。

旦那は非常に腹を立て、いとまを出す。

口入れ屋の亭主はこの信濃者に尋ねた。

「お前は博打もやらず、酒は飲まず・・・」

「へい・・・。」

「女郎は買わず、手癖も悪くない・・・」

「へへへい・・・。」

「なんで、勤めをしくじった?」

「なあに、ほんのちょっとした色事でさ。」

「???。」

小話・笑話・小咄・17




  • mixiチェック

2018年12月31日

お祝い事を遠慮させて頂きます。

今年、最愛の母親を亡くしました。

誠に恐れ入りますが、お祝い事を遠慮させて頂きます。

宜しくお願いします

  • mixiチェック
jizousan at 22:48|PermalinkComments(4)一言 | 江戸のお笑い
livedoor プロフィール

jizosmile

散歩・旅行・温泉大好き。
音楽はバロック、コーヒーはブラック、笑い。

QRコード
QRコード