2018年04月23日

江戸の小話


=江戸の小咄=


「なんと目金不動に、せいたか童子と・・・」

「でめきん?目黒、目赤不動なら、知っているが。なんだ?」

「め・き・んだぞ、この!そこにな、こんがら童子も並んでる。」

「それがどうしてぇ?」

「せいたかの方が背が高い、と思うだろ?」

「そうなんだろ?」

「ところが、背は変わらねぇ。」

「頭がこんがら。だからこんがら童子けぇ。」

「うぬ、出来るな、おぬし。」

「でもな、背の順番で並ぶわな、普通。」

「だからな、それが、お不動様だ!順不同ッ!」

「ボカ、ぼか。」

制多伽




小咄14

  • mixiチェック
jizousan at 15:41|PermalinkComments(4)江戸のお笑い 

2018年04月02日

江戸の小話


=江戸の小咄=

乞食坊主が、門に立ち、行ったり来たり。

使用人が、つっけんどんに、

「そこに居られたんじゃ、邪魔だ!何処かに行きな!」

主人がそれを聞いて、

「これ、三助。そのようにつっけんどんに言わないようにな。」

「へぇ、すみやせん。」

「思うにな。この頃は人が無慈悲になってきた。」

「そうですかい?」

「時には、弘法大師が、姿を変え、人々を救うものじゃ!」

「あの乞食坊主がそうですかい?」

「あの御坊がそうだとは言わない。充分気をつけてな。」

「やや、さては、ばれたか!」

「・・・、・・・。」

「さあ、ご報謝、ご報謝!」

「・・・??」

v103


小咄13

  • mixiチェック
jizousan at 17:41|PermalinkComments(4)江戸のお笑い 

2018年03月08日

江戸の小話


=江戸の小咄=

大和の川で娘が、洗濯をしていた。

急に風が吹いてきて、着物の裾が乱れた。

娘は自分の太ももの白さに、見惚れた。

「昔々、久米仙人は、娘の白い太ももに我を忘れ、

神通力を無くしたサウナ、いや、そうな。」

「シーン・・・」

「そして、その娘を妻にしたサウナ?むむむ・・・ 」

と娘は天を見上げた。

「このむっちん、ムチムチの太ももだよ。

今日は大安売りだよ。ほら、ほらチラチラ。」

娘の太ももをのぞこうと、鼻血をたらした仙人が落ちてきた。

娘の近くまできて、娘の顔を見た。

「おっと、何とかの焼きハマグリ!」

と天に帰ろうとした。

「真っ白よ、私は!このおたんこなす!」

お互いに自分の下半身を見た。

娘と仙人は泣きながら帰って行った。

なす


小咄12


  • mixiチェック
livedoor プロフィール

jizosmile

散歩・旅行・温泉大好き。
音楽はバロック、コーヒーはブラック、笑い。

QRコード
QRコード