2018年02月15日

江戸の小話


=江戸の小咄=

晩秋、柿と栗の話。

「クリちゃんは、いいよな。幾重にも衣着てて。」

「なに、言ってんの。柿さんも綺麗なおべべ着てるじゃない。」

「わしのは単衣で寒い、寒い。」

「着てるだけでも、いいよ。ほら、下をご覧な。」

「なになに。あっ、まったけ君。」

「かわいそうに、ふんどしも締められない。」

「は、ハクショイ!クリちゃんと仲良くしたい。」

「エエッ?エッ・・・チ。」


松茸


  • mixiチェック
jizousan at 17:21|PermalinkComments(1)

2018年01月30日

江戸の小話


=江戸の小咄=

長屋で、親父のわめき声がする。

「おい、起きろ!全く何時だと思ってやがる!」

「・・・シーン」

「おい、かかあ、布団をはいで放り出せ!」

「・・・シーン」

「おめぇのようにな、朝寝ばかりしてやがるとな・・・」

「・・・シーン」

「ホントに、ろくな大人にならないぞ、このガキ!」

シーン、シーン。シーン。

「いつでも、この俺と一緒に起きやがって!放り出せ!

どた、ばたん!と大きな音。

見ると、親父が泣いていた。


v128


小咄10


  • mixiチェック
jizousan at 11:15|PermalinkComments(5)江戸のお笑い 

2018年01月15日

江戸の小話


=江戸の小咄=

「はーッ。酒が飲みてぇな、はーッ。」

「雨続きで、商売あがったりだね。」

「うーん、がまんだ、がまんだ。はーッ。」

「あんた、ちょっと待っておいで。」

しばらくして、女房が酒を二合買ってきた。

「おめぇ、いったいどうしたんでぇ?」

「あまりに、あんたがため息をつくので、ほれ・・・」

と女房は中ぞりを見せた。

「えっ!かもじを売ったのか?」

「あんたがね。あまりにも気の毒でね。」

「すまね、すまね、本当にすまね!グス、グスン。」

と涙を流しながら、女房の手を握る。

「なんだね、あんた・・・私まで・・・」

「すまね、すまねぇ、グスン。残りは、三十文程か・・」

「・・・



v127


小咄9


  • mixiチェック
jizousan at 14:43|PermalinkComments(5)江戸のお笑い 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード