2018年08月19日

江戸の小咄


=江戸の笑い=

「お客さん、風呂が空いたよ。入りなさらんか?」

「おお、いただこう。」

「おらかいの?」

「いや、湯。」

「いやだー、お客さん、紛らわしいな。こっち、こっち。」

「ねえさん、風呂の後で、冷やで一杯もってきてくんな。」

「おらも冷え症だぞ。試してみるか?」

「まあ、熱燗にしてくれ。」

「ほら、ここだ、たこだ。」

「な、なんと、五右衛門風呂じゃねぇか。さぁ、湯加減は?」

「ちょっと、おきゃくさんね、下駄を履いて入んないでよ!」

「えっ、どうして?」

「昔、そういうお客さんがいて、風呂を壊して困っただわ。」

「はい、心付け。」

「その浮板を踏んではいるだわ。」

「そうか、足から。ぎゃー、熱い、熱い、女中さーん!」

「よんだか、おらを、今日はあいてるぞ。」

「いや、ごめん。水を、うめてくれ?」

「さぁ、これでどうだべ!」

「足から、そろりと?うわー、熱い!」

「お客さん、これでどうだっぺ!」

「まだ熱い、もっと。」

「こんなにうめて、後のお客さんが怒るぞ。」

「なんだ、俺の名を知らねぇのかい。」

「土左衛門かいの?」

「今な、江戸のはやりは、団十郎とこの江戸屋猫足。」

「猫足・・・、どこか、かゆいのかの???」


小話・笑話・小咄・17

ええッ?40度?お風呂の温度です。

ウナギイヌ2




  • mixiチェック

2018年07月29日

江戸の小咄


=江戸の小咄=


真夏の炎天下、鰻屋の前を毎日、むすびをほおばり、

しばし立ち止まり、そして通り過ぎる人がいる。

「ああ、いい匂いじゃな。食欲増進じゃ、パクパク。」

「ちょ、ちょいと、待ちな!」

「なにか、ようかい、六道七変化とくらぁ?」

「毎日の鰻かがせ代な、しめて五百文だ。さぁ、払ってくれ。」

「おお、それはそれは。ごちそうさん!」

と懐から小粒(銀貨)を、いくつか投げだした。

「さぁ、音だけもって行きな。釣りはいらねぇよ。」

「・・、・・」

小話・笑話・小咄・16

猛暑、台風〜夏バテ、バテバテ。
暑中、お見舞い申し上げます。

ウナギイヌ


  • mixiチェック
jizousan at 12:06|PermalinkComments(5)江戸のお笑い 

2018年06月05日

江戸の小話


=江戸の小咄=


「この絵はふーん。雪の日に何してんだろな?」

「雪の日にタケノコを掘っている絵だがな。」

「雪の日にタケノコか?さぞ高価だろな。」

「おめぇ、孟宗の親孝行を知らんのか?」

「あれ、どんな話だったっけ?」

「冬、母親の大好物のな、タケノコを探した。」

「冬?バ、バカだねぇ。骨折りぞーん。」

「ところがな、お祈りをするとな、タケノコがな生えてきた。」

「へぇ、もうそうんな話があったのか?」

「それをな、今では孟宗竹という。」

「へぇ、そんなすごい絵か?ペラペラだけどな。」

「今どきな、三つの子でも知ってるぞ!」

「馬鹿にすんな!俺もな、三つの時は憶えていた。」

「本当か?」

「でもな、四つの時に忘れた。」

「・・・?」

ニャン太




小咄15

  • mixiチェック
livedoor プロフィール

jizosmile

散歩・旅行・温泉大好き。
音楽はバロック、コーヒーはブラック、笑い。

QRコード
QRコード